支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
福祉機器開発・製造・販売
福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチさくら通信

Vol.10 2005年8月29日発行

自立支援法案 廃案 ⇒ 選択のチャンス到来!!

8/24直前政党シンポジウム(鯱城ホール)に参加してきました。主要5党に参加を要請してあったそうですが、立候補予定者は共産党の瀬古由起子さんのみの出席。公明党は山本保参議院議員、民主党は_木ひろし愛知県会議員、社民党は戸田二郎障害者議員連絡会事務局長でした。

特筆すべきは、政権党の自民党からは誰も来ず、資料も送ってこないことです。障害者福祉にまじめに取り組む気があるのか疑います。各党のマニフェストや公約から、障害者福祉に関する主要点を下表にまとめてみました。「きれいごと」が並んでいますが、お題目ではなくその本質を正しく捉えてこそ、私たちの将来を任せうる政治の実現に一票を託すことができます。

この総選挙で投票して、障害者の将来を決めてよいのか?このままの法案では地域での自立生活はできないという障害当事者の声を反映させましょう。「社会参加」という「支援費制度」で一番評価された言葉が何故使われなくなったのか。「ノーマライゼーション」「自己決定」「施設からの地域移行」はどこに忘れ去られていったのか。この隠された「意図」を粉砕しないと障害者の明日はないのではないか。「介護保険への統合ありき」で3年後にはまた変えるというその場しのぎを「今」やる必要があるのか。もともと国際的に圧倒的低水準の福祉予算をいっそう節約しようとする考えで良いのか。「廃案」を好機として、制度設計のためのデータもきっちり集めて、いったん立ち止まって本質論で一から議論し直すのがとるべき道と思います。
(文責・赤崎)

各政党のマニフェスト(公約)
自民党 「障害者の自立した地域生活を支援するための施策を推進」
すべての障害者が必要なサービスを受けられるよう、サービスの地域偏在の解消を図りつつ、ハード・ソフトの基盤を基本的に充実強化する障害者自立支援法案の早期の成立を期する。雇用と福祉の連帯による福祉的就労から雇用への移行等を目指した改正障害者雇用促進法の着実な実施を進める。
公明党 「社会保障制度の地方分権改革」
年金は国、医療は都道府県、介護・次世代育成・障害者福祉は市町村が主体となって運営する制度を構築します。
「グループ・福祉ホームを2007年度末までに6.5万人分整備。作業活動の受け皿作り」
地域生活における障害者の生活基盤となるグループホームや福祉ホームを整備します。小規模作業所の法人化を容易にするために基準の見直しを行うとともに財政的支援を行い、地域における作業活動の場などの受け皿づくりを推進します。
「雇用障害者数を60万人へ。精神障害者への障害者雇用率の適用」
障害者の「福祉的雇用から一般就労」への移行を推進するため、トライアル雇用、職場適応援護者(ジョブコーチ)のさらなる拡充などにより、08年度に行われる障害者雇用実態調査において雇用障害者数を60万人にすることをめざします。
「『発達障害者支援法』の制定。発達障害支援センターの全国整備」
民主党 「介護保険の適正化、障がい者福祉の拡充に取り組みます」
2005年の法改正で先送りされた被保険者と受給者の範囲の拡大(介護保険のエイジフリー化)を2009年度から実施します。
現在、急速に顕在化しつつある障がい者のニーズの動向を見極め、その水準を把握した上で、より総合的で適切な障がい者福祉制度を構築します。所得保障制度の確立を含め、障がい者福祉予算の拡充を行うとともに、障がい種別(身体・知的・精神)ごとに分かれ、その他の障がいや難病などに対応できていない現在の障がい者政策・法制度を抜本的に見直し、包括的な障がい者福祉法を制定します。
社民党 「障害者自立支援法案に反対します」
障がい者に自己責任を押しつけるのではなく、障がい福祉関係予算を充実し、障がい者の真の自立と社会参加を支援します。
共産党 「社会保障の改悪に反対し、弱いものいじめの政治とたたかいます」
小泉内閣は、社会保障のあらゆる分野で、負担増と給付の削減をすすめ、社会保障制度をずたずたにしてしまいました。弱者を踏みつける政治は、日本を“非情な社会”にしてしまいます。“金の切れ目が命の切れ目”という社会にしてはなりません。
障害者「自立支援」法案は、障害者の大きな運動で廃案になりました。政府は再提出をねらっていますが、障害が重ければ重いほど負担が重くのしかかる「応益負担」の導入を撤回することを求めます。

 


新しいデイサービス事業所「アーチきくい」を始めます!

この度、新しくデイサービス事業所が立ち上がることになりました。新しい事業所名は、『アーチきくい』です!!場所は西区菊井町で、デイサービス責任者として、現在アーチさくらで指導員をしている寺下沙織が決まりました。温かみのある木造2階建ての一軒家で、1階は事務所、2階でデイサービスを行います。裏には空き地があり、その空き地につながるように改装しようと考えています。裏の空き地を使って、夏は水遊びなど、いろんな外遊びができたらいいですね。今から子どもたちのカワイイ笑顔が浮かんできます!!(*^_^*)

そこで、皆さんにお願いがあります。お家で眠っている不用品等がありましたらアーチきくいに提供してくださると嬉しいです!!皆さんのご協力お待ちしています!!

洋服・下着・靴下・タオル・布団・まくら・カラーBOX・タオル・ホットプレート・かき氷器・冷蔵庫(小さめ)・掃除機・CDラジカセ・洗濯機・カレンダー・クレヨン・画用紙・ペン・おもちゃ(ボールやブロック)洗剤・ソファクッション・エレクトーン・・・
などお家で眠っている不用品等のご協力お待ちしています。


ビジネスリーダー研修会に参加してきました

6月27日から8月1日にかけて、星城大学雨宮教授指導による「コンピューター・シュミレーションを活用したビジネス・リーダー教育」に参加をしてまいりました。
この「シムマーケティング」を用いた研修は、アメリカの多くの経営大学院で採用され、シュミレーションを通して経営知識をゲーム感覚で学習します。

今回の研修はその中で「創業者版」を使用し参加者をいくつかのチームに分け一定の情報を基に、その会社の理念、経営方針(販売、生産、人事、資金)を決定し五期五年にわたり競い合い株式上場まで、会社を成長させる疑似体験を習得させるのを目的にスタートしました。3チームに別れ、各会社の動向を推理しながら、市場の占拠率を上げて、業績を伸ばし、会社経営の意思決定の過程を体験して、その成果を競い合いました。幸いわがチームは順調に推移し(少しは波乱がありました)無事株主総会にて一定の評価を得られました。この模様は知多のケーブルテレビでも紹介され、インターネットにも配信されています。企業経営のためにはいろいろな要素が瞬時同時に発生し、すぐに対策、解決を求められます。その体験を、この研修で習得して、また日々活動のなかで、生かして生きたいと考えています。    
( アーチさくら 堀田)


デイサービス ☆ハロハロ作り☆

夏らしく涼しげなおやつをみんなで作ろうということで、みんなで『ハロハロ』作りに挑戦してみました!!
『ハロハロ』とは、某コンビニで毎年夏に販売されているもので、簡単に言うとかき氷の上にゼリーとソフトクリームをのせたものです。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか!?
本物ほどしっかりとしたものではありませんが、子どもたちはそれぞれ思うように個性ある『ハロハロ』を作っていましたよ。かき氷器で削る順番はじゃんけんで決め、みんな順番を守って進めることもできました。
氷を削るときには少し力が必要なため、一人の子がかき氷器を押さえ、もう一人の子がかき氷を作るといったように、協力し合いながら取り組む場面も見られました(#^.^#)


◇◆土日のデイサービス◆◇

7月から土・日・祝日のデイサービスが始まり、2カ月が経ちました。2カ月が経ち、土・日・祝日のデイサービスでは、みんなどのように過ごしているのでしょうか!?
ではでは土日のデイサービスの様子を紹介していきましょう(^O^)/
今までの平日のデイサービスとは違い、時間がたっぷりあるので、スタッフ体制がとれている日は、みんなで外へお出かけをすることもあります。
車での移動も可能なので、みんなでドライブしながらちょっと遠出をし、海南こどもの国へ行ったこともありました。太陽の下でおやつを食べたりしてピクニックを楽しみましたよ。あるいはみんなで地下鉄や市バスなどに乗り、ゆっくりと電車の旅を楽しんでいます。     
今後もたっぷりある時間を最大限に利用して、土・日・祝日ならではの取り組みを考えていけたらなあと思っています(^_-)-☆


企業組合カトレア・サービスのホームページに『スタッフ日記』が登場!!

前号のアーチ通信でもご紹介したのですが、カトレア・サービスのホームページがリニューアルしました。新しく『スタッフ日記』というものが付け加えられ、そこをクリックするとカトレア・サービスのスタッフの日記を見ることができます。
小言やプライベートなこと、アーチさくらで起こったできごとなど、いろんなことを皆さんにお伝えするコーナーとなっております。随時交代で更新していますので、最新の情報が見られるかも!?楽しい情報満載のホームページとなっておりますので、ぜひとも御覧戴きたいと思います(*^_^*) ご意見、ご感想もお待ちしています!!


名古屋フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会

チャリティーコンサート2005年 夢いっぱいの特等席
10月6日(木)に開催される「夢いっぱいの特等席」福祉コンサートに先立って、9月17日(土)にチャリティコンサートが行われます。チャリティコンサート当日の会場で、福祉コンサートへ来場の施設、団体のバザーが開催されます。そのバザーにアーチさくらも参加することになりました。素敵な商品を用意しておりますので、皆様のご来場をお待ちしております。

バザー日程
9月17日(土)
15:00〜16:00
17:30〜18:30
名古屋市公会堂

出展品目
・バランスボール
・MYMU(空気触媒消臭殺菌スプレー)
・EMぼかし(肥料を作るもと)
・5輪自転車・・・などなど


スタッフ紹介  

アーチさくら専属ドライバー
アーチさくらの専属ドライバーとして、新しいスタッフさんが加わりました。
愛称は武さん(たけさん)です。
   

やまぐちさとこ

趣味:子供と遊ぶこと 特技:書道


ようやく長い夏休みも終わり、アーチさくらもほっと一安心といった感じです。今回でアーチさくら通信も第10号目になりました。まだまだ不十分なところがありますが、今後も宜しくお願い致します。
編集担当:大下


アーチさくら通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10