支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
福祉機器開発・製造・販売
福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.12 2006年1月5日発行

新しい年を迎えて覚悟のほど

企業組合カトレア・サービス 代表理事 赤崎倫夫

この年頭から「アーチさくら通信」を「アーチ通信」と改題いたしましたように、アーチは「さくら」に続いて「きくい」が昨年12月に第一歩を踏み出すことができました。これもひとえにみなさまがたの篤いご支援の賜物とありがたく厚くお礼申し上げます。
さて、自立支援法が成立した昨年は、障害を持つ人にとって厳しく大きな転換の年となりました。近い将来の介護保険との統合はさも既定のこととなり、一人ひとりの個性ある人間が自ら将来を拓いていくのではなく、マニュアルに沿った「障害者の人生モデル」を歩むように仕向けられるようです。
当事者とその家族、支援者としての「アーチ」もともに今年の取り組み姿勢が将来の生き方を決定づける重要な一歩となるのは間違いありません。お仕着せの制度に振り回されるのではなく、何が必要で大切なのかを問いながらコツコツ積み重ねていくしか未来は開けないと考えます。
どうしたら制度をうまく使えるかに腐心してきた過去のあり方を改め、制度を超越した視点から俯瞰して私たちのあり方を築いていきたいと考えます。
今年の干支は「いぬ」。ドッグイヤーといわれる変化のスピードに負けず「犬も歩けば棒に当る」という言葉を肝に、積極的に歩きに歩いて、当りに当って前進してまいる覚悟を固めました。みなさまがた、足掻きながらなんとか歩んでまいります私どもに、どうぞ暖かいご指導、いっそうのご支援を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。
新しい年を迎え、みなさまとともに良い年にする覚悟とごあいさつを申し上げました。


間接的な支援でアーチのバックアップ

カトレア・サービスの福祉機器部門の新年の展望についてちょっとだけ触れさせていただきます。
今年も世の中のお困りごとの解決を旨とし、特に障害を持つ方によりよい支援となるよう、また、赤字続きの直接支援事業(アーチのことです)を経済的にバックアップできるよう営業力を強化します。そのために、全国各地の福祉機器展へ出展し情報収集にも努めます。
評判の高いマルチ点字プリンター・アーチBP・は機能も価格も一段とランクアップした新機種を開発中で、かおマウスや5輪自転車は昨年末から学校などで体験試用していたMYMU(まいむ)を積極販売いたします。
カトレアが開発・発売元や代理店でなくても、世の中のお役に立つものがあれば、仲介・手助けとなり、結果としてアーチの活動に経済的なゆとりができる良循環がうまれるのが夢です。よい初夢がかなえられるよう願っています。よろしくおねがいします。
※写真は点字・点図プリンターアーチBP-S

(担当・竹内)


カトレアサービスとアーチの★お楽しみ交流会★

昨年の11月23日に開催されたお楽しみ交流会では、たくさんの方々にご参加頂き、とても盛大なものとなりました。朝早くからお手伝いをしてくれたボランティアの皆さん、夜遅くまで準備をしたアーチスタッフ、皆さん本当に本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。遊びに来てくださった皆さんも、お疲れ様でした。皆さんには楽しんでもらえたようで、大変うれしく思っています。
それではお楽しみ交流会の様子をお伝えしていきましょう!!

お楽しみ交流会当日は晴天に恵まれ、とても過ごしやすい陽気となりました。これも皆さんの日頃の行いが良いからでしょうか!?
当日は、時間も限られている中、準備もバタバタしていましたが、12時会場オープンとなり、続々と会場には多くの方々が来てくださいました。早速みんな模擬店コーナーやゲームコーナーへ行き、それぞれ楽しんでいただけたのではないかなぁと思います。模擬店コーナーでは「おいしい!!」との声たくさん聞くことができ、模擬店担当者も大満足でした!!
ゲームコーナーでは、事前に購入していただいたチケットをあっという間に使ってしまい、何度もチケット売り場に足を運んでくれる子もいました。お目当ての賞品が当たらず、悔しい思いをされた方も中にはいるのでは!?

バザーコーナーでは、とても素敵な品を出店してくださった作業所の皆様、本当にありがとうございました。中でもゲームにはまった子がたくさんいたようです。ちなみにカトレアの商品の売れ行きは・・・。気になる方は担当の赤崎に聞いてみてください(苦笑)
会場の中でひときわ目立っていたのは巨大なワニの遊具です!!その巨大なワニの遊具には驚いた方もいるのではないでしょうか!?子供たちには大好評だったようで、その隣のボールプールなど、遊具のコーナーで楽しんでくれたみんなも多いと思います。
当日素敵なショーをしてくださったマジックショーのにしざわしょうじさん、とても迫力がある演奏を披露してくださった呼続学区子ども会太鼓クラブのみなさん、みんなが大好きな曲をたくさん演奏してくださった芸術大学の学生さん、皆さん本当に素晴らしいショーをありがとうございました。
みんなが参加してくれたカラオケ大会では、とても素敵な歌声を披露してくれました。中には歌うかなぁ!?と当日までハラハラさせられたカラオケ大会でしたが、参加してくれたみんな、とっても上手な歌声を聞かせてくれましたね。

こんな感じでまだまだお伝えできない裏話などもたくさんありますが、楽しかったなあと思い出してくださると、光栄です。また皆さんの思い出に残るような企画を考えていきたいと思っているので、今後も楽しみにしていてくださいね!!


お待たせしました!!アーチきくいオープン 

皆さんのご協力のもと、児童デイサービス事業を名古屋市指定事業所「アーチきくい」としてオープンいたしました。前回のアーチ通信第11号では、改装中の外装と内装をご紹介いたしましたが、今回は完成したばかりの「アーチきくい」をお見せしたいと思います。

古い2階建ての民家の1階部分を静養室・作業室と区分されており、2階がデイサービスの活動場所となっています。
階段も以前は急だったものを緩やかに直してあり、2階の3部屋を広々と使っています。おやつ作りをしたり、工作をしたり、音楽で体操をしたり・・・自由時間には、子どもたちが名付けた秘密の隠れ家『3階!』(少し高いところにある押入れのようなところです)に登って遊んでいる子が多いです。

前回はまだ真っ白だった正面玄関の壁も、でっかく「アーチきくい」の名前が入りました。全体が黄色の壁にオレンジ色の文字を赤色の線で囲ってあります。大きな字に遠くから見ても目立つ看板です。

裏の空き地には、遊べるスペースてあり、木製のブランコとミニハウス・5輪自転車がおいてあります。ミニハウスの中に入って、お店屋さんや、自分の家に見立てて女の子はごっこ遊びを楽しんだり、男の子は屋根に登ってみたりと、ドキッ!とする場面
もありますが、無邪気に遊んでくれます。その中でも特にブランコは大人気のアイテムで、取り合いになりながらも、順番をきちんと守って遊んでくれています。遊具の下には人工芝敷きつめ、天気のよい日には外でおやつをして、ピクニック気分を堪能したり、夏には、ビニルプールを広げ水遊びができたらと思っています。

これからは、アーチ通信を通じて少しずつですが皆さんに、アーチきくい情報をお伝えしていきたいと思います。

(文責 寺下)


アーチきくいの活動

★ホットケーキつくり12月12日(月)
アーチきくい2回目のおやつ作りはホットケーキ作りに挑戦しました。ホットケーキの作り方が書いてある大きな紙を見て、「ホットケーキは?まだ?」と首を長くして待っている子もいました。
ボールにホットケーキミックスと卵・牛乳を入れて「混ぜ!混ぜ!」と順番にリズムよくかき混ぜてくれ、温まったホットプレートに生地を流し込んで焼き上げて出来上がり!!豪快に生地を流し込む子や、小さめのケーキを作る子、ひっくり返すのもみんな上手にやってくれメープルシロップをかけていただきます。パクパクと10分もたたないうちにみんなペロリと食べてくれました。

★リースつくり12月16日(金)
クリスマスも近くなってきたので、みんなで「まつぼっくり」でリース作りをしました。数個のまつぼっくりを紐で丸く固定したものを用意しておき、ビーズやモールなどの飾りになるものも用意しておきました。
リースの見本を見せると「リースを作る」と嬉しそうに机の前に座り、木工用ボンドを使い、星型やハート型・クルクルまいたモールをはったり、好きな色のビーズを自分たちのすきなように自由に飾り付けをしてくれました。細かいビーズをつけるのにひと苦労で、手にボンドをいっぱいつけながらも頑張って作りあげてくれ満足そうでした。


アーチきくいデイサービス取り組み

1月はどんなことをするのか紹介します。

1月4日(水) ぜんざいつくり
白玉団子とあずきを使って温かおやつを作ろう!
1月6日(金)  カレンダーつくり
腕の見せどころ!みんなで大きな1月分のきくいカレンダーを作ろう!
1月18日(水) ピザトーストつくり
食パンの上に大好きな具をたくさんのせていただきま〜す!!
1月20日(金) 福笑い
2006年アーチきくい初!ちょっと遅めの福笑いでみんなの服をいっぱい呼び込もう

この他にもたくさん活動を考えています。みなさん楽しみにしていて下さい。


アーチさくらの活動

腹話術師現る!?

昨年の12月11日のデイサービスの雰囲気は、何やらいつもとちょっと違った雰囲気でした・・・。というのも、堤哲郎さんという方がアーチさくらにボランティアとして来て下さり、手品や腹話術などを披露してくださったからです!!みんなが普段通り遊んでいるところにスッとトランプを取り出し、トランプを使ってのあっと驚く手品には子供たちも大きな目をパチクリさせてびっくりしていました(@_@)

おやつ作りの最中には、「チャーリー君」というお人形が一緒に参加してくれ(腹話術です)、チャーリー君に興味津々のみんなはおやつどころじゃないといった様子で、チャーリー君とお話をしたりして楽しんでいましたよ。次から次へと飛び出てくる手品や腹話術にみんなは驚いたり感心したり、とても楽しい時間を過ごせたようです。また堤さんはアーチさくらへ遊びに来てくださるそうなので、たくさんの手品などなど楽しみにしていましょうね!!

昨年12月14日のデイサービスでは、お楽しみ交流会でもボランティアとしてがんばってくれた名古屋芸術大学の学生さんたちが音楽療法をしてくださいました。学生さんたちにとっては勉強の一貫ということでしたが、しっかりとしたプログラムを作ってくださり、まずはみんなの名前を呼びながら始まりの歌からスタートしました。次は曲が止まると同時に動きも止めるというようなゲーム感覚のようなもの、その次はマツケンサンバの曲に合わせて芸大の方が作ってくださったペットボトルのマラカスで自由に音楽に合わせて楽しみました。

その次は1人ずつ芸大の方が演奏してくださった曲に合わせてトランポリンを飛び、お歌をみんなで歌って最後はみんなでさよならの歌を歌って終わりました。
中には慣れない状況に戸惑いを隠せない子もいましたが、音楽が大好きな子はいつものデイサービスとは違った表情を見せてくれることもありました。
また、継続してボランティアとして音楽療法をしてくださるので、今後も楽しみですね。


スタッフ紹介

アーチきくいのデイサービススタッフです。

おおえ まき(昭和58年8月9日生まれ)B型 獅子座
趣味:サーフィン、特技:工作   


新年明けましておめでとうございます!!アーチきくいオープンなどに伴い、アーチ通信もリニューアルいたしました。心機一転、今年も皆さんにアーチの色々な状況をお伝えしていきたいと思いますので、今年も宜しくお願い致します。                            

編集担当:大下


アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10