支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
福祉機器開発・製造・販売
福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.24 2008年5月15日発行

 

名古屋市障害児デイケア事業
〜来年以降の試金石、いよいよスタート〜

名古屋市内在住の知的障害のある中学生と高校生を対象とした「障害児デイケア事業」について、6月から新たに4箇所が事業開始し都合8事業所でスタートします。

従来からあった「いこいの家」4箇所(西、昭和、熱田、千種各区)との地理的なバランスがとれた以下の4事業所です。デイサービスセンターいーま(中川)、ネットワークみなと(港)、デイサービスセンターいーま天子田(守山)、児童デイなるこ(緑)。

これは来年の10月以降には存続の根拠がなくなる「アーチさくら・きくい」のような学齢期支援を目的としたデイサービス事業の代替制度と想定されています。しかし前号で触れたとおり、市内50箇所近くある小学生を対象としたデイサービスをなくして、そのうえ中高生をも含めて放課後の支援を行うためには、単純な数字の上だけでも50箇所以上の受け皿が必要となります。名古屋市の障害福祉計画では前向きな施策が期待を持たせてくれますが、「施策」は「予算措置」という裏づけがなければ「絵に描いたもち」となってしまいます。利用者、事業者、支援者の力で働きかけて、市民の代表たる「市議会」に前向きな予算付けをしてもらいましょう。

前号(25号)で、名古屋市の新たな部局を「子ども障害係」としましたが、「子ども福祉課子ども福祉係」の誤りです。ここにお詫びして訂正いたします。    

 (赤崎倫夫)

生き生きした姿に親しみを

西区の稲生小学校では、靴箱のある3か所の土間すべてに子どもの作品とともに特別支援クラスの「ふれんどつうしん」が掲示されています(上写真)。写真の下のほうに4枚貼ってある「ふれんどつうしん」は行事や活動の様子をたくさんの写真とともに月に2回はクラスの子どもたち一人ひとりにラミネート加工して渡されています。

お友達とともに自分が写った写真はみんなの宝物。「いいもの見せてあげようか」もらったその日に私たちに見せてくれるときも、うれしそうにニコニコしながら、本当に大切そうに、自慢げにちょっとだけ見せてすぐにランドセルに隠してしまうほどです。

子どもたちの学校に通うことが楽しくて仕方がない様子、また通常クラスの子どもたちにもよく理解されて、なにかと声をかけてもらっている姿を垣間見て、このような小学校生活を通じて地域の暖かさも醸成されていくのだと思われます。まさにインクルージョンのひとつのあり方でしょうか。 

5月1日(木)、アーチきくい児童デイサービスにH地域療育センターから子ども専門の心理士さんたち三人の方々が見学にいらっしゃいました。 「お伺いした時は、飛び回る子どもさんたちの伸び伸び元気な様子に多少驚きもしましたが、反面、通える場があることの必要性を再認識しました。」 と、SさんからFAXでご感想をいただきました。



視聴覚障害者対応ブースで好評!!

5月4、5、6日に開催された「9条世界会議」(千葉・幕張メッセ)では、点字プリンター「アーチBP−S」のほかに、活字文書読み上げ装置「スピーチオ」、拡大読書器「センスビュー」を備え、支援機器を自由に使っていただけるようにし、好評を博しました。

日本国憲法第9条を点訳し、点字利用者以外でも「点字で読める9条」として、絵点字フォントで印刷したものを無料配布。同じように絵点字で「点字一覧早見表」も作成して点字に対する理解と普及にも貢献しました。

もちろん、実際の点字で印字した「墨点字版9条(SPコード添付)」やマスコットの「きゅうとくん」の触知図(点図)も世界会議参加者の友人・知人への記念品やお土産として評判でした。また海外からの方にとっては日本語の点字は役に立ちませんが、絵(点図)を差し上げると「カワイイ!」とか「スバラシイ!」とかを各国の言葉(?よく聴き取れませんでしたが…)で言って(と、思います)、ニッコリしていました。国際親善にも貢献できた?ようです。

点字点図小まわりプリンター「アーチBP−S」は発売以来丸一年がたちました。

特に今年の1月からご注文が急激に増えてご希望に添えず、全国の多くのかたがたにご迷惑をおかけしましたが、おかげさまでこの一年間で多くの市町村(下記)でご愛用いただけるようになりました。

八幡平市、東大和市、横浜市神奈川区、相模原市、鎌倉市、水戸市、那珂市、幡豆郡一色町、名古屋市西区・昭和区・名東区、日進市、知多郡美浜町、大府市、海部郡七宝町、四日市市、大阪市西区、亀岡市、八頭郡智頭町、松江市、広島市、西予市、宇和島市、諫早市、中津市、鹿児島市、二本松市、仙台市(郵便番号順)

ウェルフェア2008 出展決定(F-19)

ポートメッセなごや 6月6日(金)〜8日(日)

これからも暮らし辛さを少しでも解消できる機器の開発や販売に努めてまいります。
ご支援ありがとうございます。  

名古屋市立中学校にもアーチBP−S

昨年10月から名古屋市南区の本城中学校に点字プリンター「アーチBPU」を置かせていただき、2年生男子生徒の教科書ではカバーしきれない教材・小テストや学校の連絡などにご活用いただいておりました。

うれしいことに、今年度からは名東区の猪高中学校で、理科や社会科の指導と定期試験などにも使えるよう、テキストファイルだけでなく絵や図表の打てる「アーチBP−S」をご利用いただくことになりました。

視覚に障害のある子どもたちが普通の子どもと同等の教育が受けられるよう、カトレア・サービスは「全国視覚障害児童・生徒用教科書点訳連絡会」の一員として活動をしています。小・中・高の学校にも簡単で安価に点訳の手段を備えてもらえるよう一層の努力をしてまいります。


アーチさくらの活動

お誕生日おめでとう

19日の活動でホットケーキアイスの予定でしたが、偶然デイサービスを利用していた子が当日お誕生日だったので急遽お誕生日ケーキを作ることに!!

イチゴの代わりにチョコを、ろうそくの代わりにスティック状のお菓子を添えて出来上がり。できあがりを食べるときに歌をうたって紙ふぶ きをかけられると本人は少し照れているようでした。おめでとう!!!

アーチ三兄弟!?

アーチさくらのデイサービスでの一場面です。
お友達3人で仲良くボールプールに入っていました。
とってもかわいかったので思わずハイチーズ☆こんなにかわいい写真が撮れました!!

お絵かき

アーチさくらに来てく れているお友達が描いて くれました。 最近黒糖あめにはまっ ているそうです♪


アーチきくいの活動

 

☆元気いっぱいこどもの日☆ ちまきづくり

アーチきくいでは5月5日の子どもの日を前にちまき作りをしました。
ちまき作りといっても、みんなの大好きなおにぎりの要領で作っていきました!ラップで包んだごはんをペタペタつぶしておもちのように…そこにきな粉をかけて食べたり、のりで巻いて食べた り、みんな大きなお口でおいしそうに食べていました。

最初はのりだけを食べていた子も、徐々にごはんを食べ、最終的にはきな粉のかかったごはんも食べることができました。

 

 

こいのぼり作り

ちまきづくりに続いて、こいのぼり作りをしました。こいのぼりの形に切った画用紙にみんなそれぞれにこいのぼりの絵を描いてかわいいこいのぼりの出来上がりです。気持ちよさそうにお部屋の中を泳いでいました♪

 

 

〜アーチきくいの一日〜

アーチきくいのお友達は物を作ったり組み立てたりするのが大好きでとっても上手です。
この日もあるお友達はアンパンマンブロックを積んで楽しみ、また別のお友達は紙模型でお家を組み立てて遊んでいました。    

お家を組み立て中…。屋根裏、柱など一つ一つの部品を確認しながら組み立てています。
素敵なお家が建ちそうですね(*^_^*) 

ブロックをいっぱいに積んでいます。二人とも真剣そのもの。崩れないようにそぉっとそぉっとブロックを置いています。


編集後記 

連休も明け、アーチの利用者さんからも楽しんできた様子がたくさん見られました。
お天気も良い日が多く暑いぐらいのお休みでしたね。夏日の日も増えてきましたが朝晩の気温差が激しいです。
体調管理をしっかりして風邪に気をつけていきましょう。 

編集担当:渡辺愛


アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10