支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
福祉機器開発・製造・販売
福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.36 2010年01月15日発行

 

コミュニケーションを拡げるために
パソコンボランティア指導者養成事業研修を受けて

昨12月3日、4日に東京で開催された(財)日本障害者リハビリテーション協会主催のパソコンボランティア指導者養成事業研修の視覚障害研修を受けてきました。8月に名古屋での地方研修を受けてきましたが、さらに詳しく内容の濃いもので大変勉強になりました。

障害のある人の多くは、コミュニケーションや情報の獲得に多くの困難を抱えています。視覚に障害があると読書が困難になります。聴覚に障害があると、他人の話が聞き取れず、理解できないままになったり、誤解が生じたりすることがあります。また、その他の障害のある人々も、それぞれの困難さを抱えています。このような人々も情報支援技術(IT)を使うことでコミュニケーション手段の確保や情報の入手が容易となり、生活、就労、学習等において自立や社会参加を可能とする手段として期待されています。

デイジー図書のこれから

例えば、デジタル録音図書の国際基準であるDAISY=Digital Accessible Information System(アクセシブルな情報システム)。当初は、視覚障害者のために開発されたものですが、現在では、様々な障害のある人々が情報や知識を得るための有効なものとして開発&普及が行われ特に欧米では教科書等を中心に急速に普及しています。 マルチメディア化したDAISY図書は、音声にテキストおよび画像をシンクロ(同期)させることができますのでユーザーは音声を聞きながらハイライトされたテキストを読み、同じ画面上で絵を見ることもできます。 自分のペースで読書することができるので、 集中して取り組むことができます。自分に合った学習スタイルで好きな分野から取り組むことで、徐々に学習する楽しさが分かり、自信を深めることにもつながっていきます。 パソコン等でお困りごとなどありましたら、お気軽にお声をかけてください。(倉田昌典) ねずみのよめいり
↑「ねずみのよめいり」の部分が音声とシンクロし黄色でハイライトされている

※バリアフリー上映大好評!  

アニメ映画「伊勢湾台風物語」に音声ガイド(副音声)と文字ガイド(日本語字幕)をつけて、目の見えにくい方や耳の聞こえにくい方、高齢者や知的障害のある方々にもわかりやすく楽しんでもらう運動を展開。名古屋盲学校、伊勢湾台風50年市民防災の集い、港区防災展、日本ライトハウスなど多くの方々に鑑賞していただいてきました。 今月30日には京都の全国手話研修センター(コミュニティ嵯峨野)で開かれる「さがの障害者映像祭」(全日本ろ うあ連盟後援)という、聴覚障害の方々を中心とした 全国規模の映像芸術祭でも 上映されます。

♪クリスマス会をしました♪

12月22日にアーチさくら・きくいのデイサービスで一緒にクリスマス会をしました。 

クリスマス会が始まってすぐは、いつもとは違う場所・新しいお友達がいるということで興味津々でキョロキョロと探索を始める子もいれば、ちょっと緊張気味で周りを見ている子もいました。

クリスマス会ではまずさくら・きくいの子どもたちが混ざりあって3つのグループに分かれクリスマスケーキ作りをしました。スポンジにホイップを塗ったり、トッピングにチョコやポッキーを飾りつけたり、みんなで協力して作ることができました。ホイップたっぷりのケーキやトッピング重視のケーキなど3つのグループそれぞれかわいいケーキができあがっていました。ケーキを切りわけてクリスマスソングを聴きながら、とってもおいしそうにケーキを食べていました。ケーキを食べた後は、クリスマスカードの交換です♪

11月の活動の中で、さくら→きくい、きくい→さくらのお友達あてにクリスマスカードを作っていました。クリスマス会で会えるお友達のことを考えながら一生懸命作ったカードです!直接手渡すときの子どもたちのちょっと恥ずかしそうな姿がとてもかわいかったです。

クリスマス会はあっというまの時間でしたが、いつもとはちょっと違う雰囲気の中で、さくら・きくいのお友達とふれあい、交流が楽しめたのではないでしょうか☆

クリスマス会 クリスマス会 クリスマス会

 


アーチさくらの活動

みんなで作ろう!!

あっという間にクリスマスやお正月が過ぎてしまいましたが子どもたちにはどんな思い出が出来たのでしょうか?今年一年も子どもたちにとって毎日を明るく、楽しく、そして健やかな時間にできるように子どもたちと向き合っていきたいと思っています。

さて、アーチさくらのかわいいかわいい、もう一つおまけにかわいすぎる子どもたちはというと、それぞれが互いを思いやる気持ちが強くなってきたと思う場面がとても増えてきました。今まで甘えていた子がお兄さんになって年下の子のお世話をしてあげたり、 今まで関わることの少なかったお友達に対し興味を示したりと日々の成長を感じさせる出来事が続き、スタッフとしてもこれをきっかけに子どもたちが楽しく遊べるようなレクリエーションを増やしてみんなで遊べたらなあと考えています(^^)

お絵かきが大好きな子どもたち、床一面に紙を敷いてそれぞれが思いのままに書き込みました、みんなでわいわいと楽しそうな姿に思わずスタッフも混じって楽しんでしまいました(笑)

出来上がった絵を懇切丁寧に説明してくれてありがとうね。

アーチさくらの様子アーチさくらの様子


アーチきくいの活動

野菜たっぷり焼きそば作り

アーチきくいのお友達に大好評のやきそばを作りました。 今回は、やきそばの具のキャベツを切るところからスタートです。みんなが切ってくれたキャベツ、そして大好きなウインナーとお肉を入れて焼きそばを作りました。大きなコテを使って屋台風にかっこよく炒めてくれています。

できあがった焼きそばはみんなとってもおいしそうに食べてくれ、すぐに「おかわりー!」という声が次から次へと聞こえてきました。キャベツが苦手な子もお皿にキャベツしかなくなると最後にはそれもしっかりと食べて、きれいに完食していました☆

アーチきくいの様子
アーチきくいの様子


☆祝☆ご結婚おめでとうございます

アーチスタッフのそねだ(旧姓しもお)より結婚報告です(*^_^*)

私事ではありますが、2009年11月21日に結婚いたしました。ご報告が遅れていましたので、名前が急に変わり、ご利用者様をはじめ、ご家族の方を驚かせてしまいましたが、改めましてそねだと申します。
新婚旅行では、近い将来なくなると言われているモルディブ共和国のカニフィノール島に行ってきました。そこは海がとてもきれいで真夜中でも月がはっき り見えるほど透き通っていました。旅行者も、フランス・韓国・マレー シア・アメリカなどさまざまな国から集まっており、つたない英語で会 話をしたり、セーリングなどで身体を動かしたりととても刺激的な7日間となりました。
今後とも宜しくお願い致します。

 


☆スタッフ紹介☆

たけもり わかお 5月20日生まれ おうし座、A型

夏ぐらいからアーチの仲間入りをさせていただきましたたけもりわかおです。

堀田喜久男先生の下で学び、言葉を引き出す音楽セラピストとしても活動しております。アーチでも言葉を遊びながら引き出すように心がけています。今年も子どもたちの元気に負けないように頑張っていきます。よろしくお願い致します。

やまざき まさたけ 12月19日生まれ いて座、B型 趣味:バスケット、読書

最近、アーチで働き始めましたやまざきまさたけです。

まだ、いたらないところがあると思いますが、今の自分にできることを精一杯頑張って働きたいです。働くなかでいろいろ勉強していき、自分もみなさんと一緒に成長していけたらなと思います。


* 防災一口メモ 〜照明に気をつけて〜*

災害ボランティアコーディネーターなごや 椿佳代さん

直付けの照明は良いのですが、吊り下げタイプのものはきちんと補強してください。 地震で照明が天井にぶつかり蛍光灯が割れないように! 蛍光灯だけではありませんが、新しいマンションで地震で被災しても自宅にいることができるという方がみえますが、実際にガラスの破片が片付けられないので避難所生活を余儀なくされたということがありました。今一度周りの割れ物の確認をしてみてください。


COP10開催の年を転機に ダイバーシティー/協同労働/共生

10月には名古屋で「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)が開かれます。生物多様性は英語でBiological Diversityです。「多様性」はヒトにとってこそ大切であることをこの機会に再確認しましょう。日本で言われる「ダイバーシティー」は"Diversity & Inclusion"を省略したもので、本来は"多様性の受容"を意味します。性別、年齢、民族、出身地、国籍、障害の有無、言語や文化、価値観などの「ちがい」に関わりなく、すべての人が持てる力を最大限に発揮する組織、社会をめざすことです。

様々な凸凹を持った、個性豊かな人々が、一人ひとりのより良い明日のために、各自の能力を発揮して支え合う共生社会を築きたい。 その第一歩として「協同出資、協同経営で地域に貢献する新しい働き方を拡げる」という「あいち協同労働ネットワーク」設立総会が12月12日に開催されました。私たちカトレア・サービスの創業の理念「共同」「平等」「互恵」とリンクし、代表・赤崎倫夫が設立呼びかけに加わり、当日監事に選ばれました。障害のある人もない人も共に手を携えて、生き生きとした明るい未来を拓きたいですね。


編集後記 

あけましておめでとうございます。今年もアーチ通信では、みなさんが笑顔になれる話題をたくさんお知らせしていきたいと思っています。 本年もよろしくお願い致します(*^_^*) 

編集担当:渡辺


アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10