支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
福祉機器開発・製造・販売
福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.45 2011年07月15日発行

 

― チャリティー企画 − 現代国際巨匠絵画展のお知らせ

企業組合カトレア・サービスは、おもに知的障害のある子どもと大人を対象とした介護事業を運営してきましたが、このたび南区柴田本通でNPO法人「アーチしばた」を設立し、障害のあるなしに関わらず乳幼児の発達支援事業に取り組むことになりました。その活動資金の一部として、また東日本大震災の被災障害児の支援金に当てるため、チャリティー絵画展の企画を立てて、みなさまのご支援をお願いしたいと思います。企画運営は、株式会社ほるぷエーアンドアイの協力を得て、当カトレア・サービスをご支援いただく「アーチ・チャ リティー絵画展実行委員会」を主催団体といたします。

絵画展では国際的な活動を続けている国内外の画家の作品(油彩、水彩、版画)を中心に、ピカソ、シャガール、東山魁夷などの一流画家の作品120点前後を展示します。また、展示されている中から、ミゲール・ペイドロ・ベンゲル画伯(スペイン)にご来場いただきサイン会を開催します。そしてこの機会に、アーチの子どもたちの作品や、日頃の児童デイサービスの活動などもご紹介いたします。障害のある子どもたちが楽しく過ごすための場の大切さを、アーチの日常の活動を通じてひとりでも多くの方にご理解いただく機会になればと考えています。みなさまお誘い合わせの上、お気軽に起し下さい。(入場無料)

◆日時 平成23年8月27日(土)〜29日(月)
AM10:00〜PM7:00(最終日はPM6:00まで)
◆会場 名古屋港ポートビル 4F講堂  名古屋市港区港町1-9  TEL(052)−652−1111     
地下鉄「名古屋港駅」下車 3番出入口 徒歩5

問合せ⇒事務局 名古屋市南区西桜町105−2 アーチさくら内 Tel(052)-811-2949

絵画展


カトレア・サービスの 福祉機器 開発製造・販売

私たちカトレア・サービスでは、これまでもさまざまな商品開発および、みなさまのお役にたてる製品のご紹介をしてまいりましたが、今回あらためて取り扱い製品のご案内をさせていただきます。スウェーデンPELTOR社の「イヤーマフ」シリーズや、災害時にも役立つ「パンの缶詰」など、より良い製品をこれからもご紹介してまいります。 お問合せ・企業組合カトレア・サービス 福祉機器事業本部(050−3357−8821)

「パンですよ!」 パンの缶詰 ふっくらやわらかなまま、5年間保存できます。 コーヒーナッツ味、チョコチップ味、レーズン味 1缶 380円 
「則武屋うどん」 なごや職業開拓校 製造 おいしい 無添加 半生うどん 1,900円詰め合わせなど
「ハンドグリップ にぎにぎ君」 手指の運動で脳を活性化 「爪もみ」で自律神経を調節 2個入り 840円
「イヤーマフ H510A」 高周波騒音域を効果的にカット   4,725円
「イヤーマフ H520A」 付け心地も良く、遮音レベルをアップ 7,140円
「あのね♪DS」 ナマ写真が絵カードになるコミュニケーションツール 15,750円
小まわり点字・点図プリンター 「アーチBP-S」 誰でも、何にでも、安く 点字や点図が打てる高機能機 472,500円
「読めるじゃん」 点字の触読訓練がどこでもできるラミネート加工した自習カード 1,500円
「歌って読めるくん」 付属のCDメロディにあわせて口ずさみながら触読がステップアップできる教材 5,000円
  点字サービスのご案内 「アーチ点字工房」
● 点字翻訳サービス ●点字プリントサービス ●点字名刺作成サービス (手軽に点字プリントの名刺が持てます。お気軽にお問い合わせください。)

アーチさくらの活動

今日も僕は・・・?

さくら児童デイサービスの中では、お兄さん的な存在で、「カッコいい!」と言われるのが大好きな小学校6年生の男の子。この日は、お外にお出かけです。元気いっぱい挨拶してスタートしました。

アーチ今日の目的は2つ。まずは、お昼ごはんの回転寿司です。お寿司を注文するタッチパネルの操作はお手のもの。スタッフが油断したすきに、大好きだというマグロがテーブルに3つも届いてびっくり!スタッフと男の子と、どちらがたくさんのお寿司を食べたかというと、7皿対7皿で同点。でもお寿司以外に、きつねうどんも食べていた男の子の勝ちという結果になりました。(^ー^)

次の目的は名古屋市科学館に行くこと。新しく建て替えてから始めての訪問です。ここで挑戦したのは消防車を運転するシミュレーションゲームです。画面の指示に従って車を運転し、火災現場では消火活動に参加。火事を消してゲームの課題は見事にクリアしました!

今日の目的を、しっかりとやり遂げてくれた男の子。

うん! 今日も1日、カッコよかったよ!


さくらデイサービスの活動

★音楽のじかん★

「おんがくやるよー」と一声かけるとみんなピアノの周りに集合します♪みんな手をつないで輪になって楽しい音楽のじかんのはじまりです。そんな音楽のじかんのプログラムと、楽しそうな様子をご紹介します。 写真は、「B今日の歌」です。この日はアイアイを歌いました。ふだんは恥かしくてみんなの前でなかなか歌えないお友達もマイクを持つとアラ不思議、大きな声で自信満々に歌えちゃうのです♪

@始まりの歌 A口の体操 B今日の歌 C楽器活動 D身体を動かそう E音を聴こう F終わりの歌

★チーズパンづくり★

ホットケーキミックスにチーズと牛乳を入れておいしいチーズパンが簡単にできちゃいます♪ ボールに全ての材料を入れて、みんなで混ぜました。お友達が混ぜているときには「1・2・3…」と数を数えて今か今かと自分の順番を待ちます♪協力して作ったチーズパンみんなで大きな声でいただきまーす★あっという間になくな りました。

アーチ


きくいデイサービスの活動

★おからクッキー作り★

みんなが大好きなおやつ作り。今回はおからクッキーを作りました。卵を割ってくれたり、ホットケーキミックスとおからを混ぜたりと一生懸命お手伝いしてくれました。今回人気だったのは生地を麺棒で伸ばして型抜きをすることです。「もっとやりたーい!!」と元気な声が聞こえてきました。自分で作ったクッキーを満足顔で美味しそうに食べていました★

アーチ


*防災一口メモ*

災害ボランティアコーディネーターなごや 椿佳代さん

非常持ち出し品を考えよう B 安心できるもの

非常持ち出し袋に入れておくものの一覧などは、避難所マップの裏や防災関係の雑誌、本などに掲載されています。

いつも持っているバッグやカバンの中身はどうですか? 必要なものが入っていますよね? これも立派な非常持ち出し品(袋)です。 普段からバッグの中身を充実させてみましょう。 手持ちの手帳に緊急連絡先一覧があればわざわざ非常持ち出し袋に入れるものを作る必要はありません。ほかにもこれを持っていると非常時も安心というものをいつものバッグに入れておいてください。

また、子どもさんの安心できるものも、子どもの袋の中に入れるように話し合っておきましょう。


編集後記 

ご利用者さんとお出かけすると、雨上がりの土のにおいや、気持ちいい風が吹くのを感じます。座ってじっとしていると、鳥たちも集まってきますよ…。さあ、待ちに待った夏休みが始まります。この夏も、たくさんの方とお出かけできるのを楽しみにしていますね♪

編集担当:小澤


アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10