支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
アーチきくい
アーチしばた児童心身発達センター 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.61 2014年3月15日発行

障害者権利条約推進 合理的配慮について

アーチ通信障害者権利条約とは、多数派によって形成されているこの社会において、個別でごく少数であるために困難をかかえている障害者と呼ばれている人たちが「他の者との平等を基礎として」社会に完全かつ効果的参加するためにはどうしたらよいかを決めたものです。

多数派により作られた社会とはどんな社会でしょう。身近な例を探すとパソコンのキーボードや駅の自動改札など右利きの人に使いやすくできています。左利きの人たちが不便を被っていると同じように、大多数の健常と呼ばれる人たちが社会を作ることによって、障害者が少数派として社会から阻害されたりすることになります。

「合理的配慮」というキーワードは、障害者差別を考える上で大切な考え方です。

建物や交通機関の整備状況に左右されて身体の不自由な人は公共交通機関の自由な利用がしにくい、点字の資料がないので目が見えな人は新しいサービスを知らされていないなど、社会生活が制限されていたり、希望する生活をすることができないことは差別につながります。

2011年制定の改正障害者基本法にも、障害者が社会参画する上で「合理的配慮」が必要であるという条文が盛り込まれました。これまでよく耳にした「バリアフリー」は支援提供側から障害者のために環境を整えてあげるという、一方通行に近い働きかけです。

「合理的配慮」は障害者の権利というより共に暮らす人としての権利という考えです。「合理的配慮」により、実質的な平等を保障する。意図的な区別、制限だけでなく、意図的出ない場合でも結果的に不平等になることは差別である。もちろん一般的な配慮と同様に、お金や労力などの負担がかかり過ぎない範囲でのことです。物理的にとどまらず、情報を含めた「アクセシビリティaccessibility」の確保が重視されます。

その一例として、H銀行(本社津市)は振込や残高確認など窓口業務が電話でできるテレホンバンキングサービスのガイドを点字で用意しています。視覚に障害のある方にとって大変便利なこのサービスに対し、存在そのものや使い方の案内があってこその「合理的配慮」です。これには、点字・点図小まわりプリンター「アーチBP-S」が役立ちました。


アーチBP-S点字・点図小まわりプリンター 「アーチBP-S」

点字を知らない人でも誰でも点字が打てます。
A4用紙、はがき、封筒、名刺など色々なものに直接印字することが出来、会社、公共団体など合理的配慮を実現するのに最適です。

お求めはショップ294、または電話、FAXで。 TEL・FAX 050−3357−8821

お支払いはショッピングクレジット、カード決済、での分割払い、 銀行振込、コンビニ決済、郵便振替などで支払えます。


アーチ通信堀田メソード 個別セッションを始めます

アーチでは、2007年1月から、堀田喜久男先生、西山仁美先生においでいただき、発語音楽療法(堀田メソード)に取り組んできました。

新年度より、これまでの集団セッションに加え、両先生のご指導による個別セッション行います。この取り組みは集団活動の中での個別発達支援として行われます。詳細は各事業所にお問い合わせください。


アーチ通信見学会&アーチ交流茶話会

1月23日(木)、3月 6日(木)生活介護事業所 見学会&交流茶話会を開催 しました。「○○作業所って どんなとこ?」「そもそも 作業所(生活介護事業所) って何?」という保護者の方の声が多く、実際に見て、現場の職員さんにお話しを聞いて子どもたちの未来を一緒に考えていければと思い企画しました。

1月23日(木)は瑞穂区の「生活介護事業所 あいうえおハウス」さん。3月6日(木)は昭和区の「障がい者日中活動支援センター 若杉作業所(生活介護事業所)」へおじゃましました。 両事業所さんともに、施設長さんや管理者さんに施設紹介や施設内案内をしていただき、実際に利用者さんが作業している様子を見学させていただきました。その後、自分のお子さんの将来を想像しながら、施設の方に質問をされていました。事業所の方々もひとつひとつわかりやすく的確に答えていただきました。

このような企画を今後も続けていきます。また保護者の方々の想いやご意見をお聞かせください。


アーチ通信*防災一口メモ* 

雪と凍結に備えて!  
災害ボランティアコーディネーターなごや 椿佳代さん

備蓄食料備えていますか?〜被災後も元気に暮らすために〜

地震の備えは、耐震の家に住み、家具家電の固定をし、ガラスの飛散防止フィルムを貼り、その時に命を落とさず、けがをしないのが鉄則です。その後、避難した先や自宅で生活するために水、食料、トイレ、生活用品の用意が必要です。トイレも流せない状況であれば、対策が大切です。ポリ袋で汚物の処理をすることになりますが、臭いはどうでしょうか?自宅にいられればよいのですが、避難所生活になったとき、お子さんは和式のトイレが使えますか? 目に見える物の備えはまだ良いほうで、被災するとどうなるか考えられないことへの備えはなかなか進まないと思います。ぜひ、どのような状態になるか考えて見えない物の備えも進めてください。

前置きが長くなりましたが、今回は目に見える備蓄の食料について考えてみました。最近は1週間の備蓄をするようになっています。1週間分の食料というと大変なものになりますが、全て非常食で準備する必要はありません。冷蔵庫、冷凍庫の中のものや根菜類などと、その他の買い置きの物、お米など全てで1週間分と考えれば、そんなに心配することはないと思います。

電気が止まるので、冷蔵庫の物は早目に使うこと。レトルト食品やカップめん、アルファ米やご飯がパックされたもの、缶詰などあまり買わないというご家庭でも日持ちのするものは揃えておくと重宝します。最近は美味しくなっているので一度味見をしてみてください。

始めに目に見える物、と見えないものという表現をしましたが、味についても一度考えてみてください。毎日の食事で同じ物が続くとちょっと残念ですよね。非常時だから何でも我慢できる、食べられればいいというものではありません。空腹を満たすためだけでいいでしょうか? 元気になるため、病気にならないため、コミュニケーションのもと、生きるためなど上げるときりがないですが、何より美味しいものを食べると幸福になりますよね。心の安定にも大きく作用すると思います。

美味 しい食事を提供するために食材があること、食材を工夫して使 うことなどが求められます。その時のために少し余分に購入す る習慣をつけませんか?ライフラインが止まって調理ができな い!そんな時のための非常食について一緒に学びましょう!          


アーチさくらの活動

☆ひな人形づくり☆

折り紙を使って ひな人形を作りま した。今回はグル ープを二 つに分け ました。 ひとつの グループ は折り紙に引いてある線に合わせ て1,2,3と3回折ると出来上がり。お顔 と赤いほっぺを描いて完成です (o^‐^o)

もうひとつの グループは、折 り紙やのり以外 に定規や鉛筆も 渡されて、長さ を計って線を引 くところからスタートです。 スタッフに手伝ってもらいな がら完成させました。 ひとりひとり色んな表情の おひな様がたくさんできまし た。おうちで飾ってね♪

katorea


アーチきくいの活動

☆節分☆

今回の目標は豆まきと お面作りを通して季節の 移り変わりを体感しても らう事です。お面作りで は一人一人がオリジナル の鬼に変身、バットを金 棒に見立て大はし ゃぎしていました よ。豆まきでは鬼のイラストにプチ プチで作ったボールで「鬼は外、福 はうち」の掛け声とともに力一杯投 げていましたよ。 お友達がボードの 前に進むと投げる手を休めて動くの を待つ姿も見せてくれました。

☆おやつ作り☆

焼うどんを作り ました、目標でも ある野菜を食べる 機会を作る事と炒 める 事で 食材 の味わい方を楽しむことができ ました。学校でも積極的に調理 に取り組む子ども達の上達ぶり が見えてきました。

katorea


アーチしばたの活動

♪おやつ作り♪

2月は ヘルシー おやつづ くりに挑 戦しまし た。お豆 腐・高野 豆腐を使ってパンケーキやフレンチとうふ(フレンチトースト風)♪高野豆腐はみんな匂いをかいだり…ツンツン触ったり不思議そうでした(笑)パンケーキはニコニコでみんなおかわりしていました(^_^)

アーチしばたではごっ こあそびやまねっこあそ びが人気です♪お店やさ んごっこではパン屋さん やレストランがオープン しています★お母さんの まねっこも大好きなみん なは時々お洗濯遊びをし ています!「あー忙しい。忙しい。」と言いながら、干したり、取り込んだりしていますよ(^_^)洗濯ばさみは親指と人差し指を使う練習にもなるし、お母さんと一緒のことができた(お母さんになれた)と達成感もあるようです★

katorea


アーチのおでかけ

☆スーツがきまってるね!

高等部3年生の彼にとって、今日は特別なお出かけです。今日の服装は、ばっちりきまったスーツ姿(o^−^o)。ジーンズにラフなシャツとキャップといういつもの姿とは大違いなのです。同じくスーツ姿の彼のお兄さんと一緒に向かった先は、「南区手をつなぐ育成会」創立50周年記念イベントが開催される会場。午前中は粗品のボールペンの袋詰めなどのお手伝いと、式のリハーサル。お昼ご飯は大盛りカツカレーを「ゆーっくり」と完食です。

午後になりイ ベントの開始で す。初めの式典 が終わると、彼 の出番が来まし た。ステージに はグランドピアノが…。そうで す。大勢の来場 者の前でピアノ の演奏を披露するのです。

お兄さんが初めに演奏、 そして次に彼の演奏がは じまります。曲は、アン ジェラ・アキの「手紙〜 拝啓十五の君へ〜」。やさ しく語りかける曲調から 始まり、みんなを応援す るような力強い演奏へと 感情のこもった素敵な演奏を聴かせてくれました。2曲目の「フィーリング」の演奏が終わると最後に兄弟でのピアノの連弾!会場中の人が聞き惚れていました。演奏が終わるとたくさんの人から花束やプレゼントをもらっていました。学校生活の最後。彼にとってこの日は記念となる特別な日になりました。カッコよかったよ。でも慣れないスーツが、ちょっと窮屈そうだったかな。(^_^)

アーチ通信


アーチ通信☆アーチに雛人形がやってきました☆  

南区赤坪町の山田さんから、南区役所・南区社会福 祉協議会を通じてアーチに雛人形七段飾りのご寄付を 頂きました。地域の方々、バス停で待っている間にも、 大同病院の行き帰りに通りから楽しんでいただける ようにアーチしばたの1階に飾りました。

アーチを利用している子どもたちは、突然現れた雛  人形のお山を不思議そうに見上げています。通りから  雛人形を見つけた、おばあさんもお孫さんと人形を指  さしながらニコニコと笑顔でお話をしていました(*^_^*)           

アーチ通信


編集後記:ねんどにさわるのが苦手な子にビニール手袋をはめてもらいました。そうしたら、おそるおそるながらもさわってこねることができました(^_^)。道具や方法次第で子どもたちはハードルを越えることでができ、自信にもつながります。観察に加え、工夫をこらすことも私たちの腕の見せどころですね。

編集担当:小澤

アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10