支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
アーチきくい
アーチしばた児童心身発達センター 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.64 2014年9月15日発行

家族支援の充実を目指して!!

障害児支援の在り方検討会とは平成27年度の障害者総合支援法施行3年後の見直しに併せて、「子ども子育て支援新制度」を踏まえ、今後の障害児支援の在り方について検討するために1月から半年間にわたって開催されました。7月に発表された報告書を読みました。

今回の検討会で挙げられた「家族支援の充実」では、

@保護者の「子どもの育ちを支える力」の向上、
A精神面でのケア、カウンセリング等の支援、
B保護者等の行うケアを一時的に代行する支援の充実、
C保護者の就労のための支援、
D家族活動の活性化ときょうだい支援

の5点が挙げられました。

発達障害児の育てにくさや、その対応方法を学ぶ「ペアレント・トレーニング」を受ける機会の増加や、家族が障害を受け止め、前向きに捉える事ができるようにするためのケア、ストレスを抱え込み過ぎないためのケアの必要性が指摘されました。

特筆すべきひとつに、子どもに障害があるからといって就労を制限されることがあってはならないという考え方が今回の検討会では共有されました。働くために子どもを預けるという事がなかなか理解されてきませんでしたが、今回の検討会であげられたことによって大きく一歩前進となりました。

また、保育所では「保育所保育指針」、幼稚園では「幼稚園教育要領」、幼保連携認定こども園では「幼保連携型認定こども園教育・ 保育要領」がありますが、児童発達支援を始めとする障害児支援に関する「指針」や「ガイドライン」は存在していません。各事業所の独自性も大切ですが、支援の内容・質に大きな開きやバラつきがありえます。障害児の支援の基本的事項や職員の専門性の確保を定めた「ガイドライン」の策定が求められ、支援内容な在り方の整理も踏まえつつ、具体的なガイドラインの策定が始まっています。

今回の検討会で挙げられた家族の精神面のケアはとても必要に感じました。どのようにケアを私たち児童発達支援の立場で担えばよいのかを障害児支援の在り方検討会の委員でもある渡辺顕一郎先生(日本福祉大学子ども発達学部教授)にお尋ねしました。

今回の検討会では、障害児の家族支援に関して、児童発達支援に限らず地域の子育て支援において、障害の「気づき」の段階からの早期の精神的サポートの必要性が確認されました。また、継続的な家族支援策として、相談支援のいっそうの充実、ペアレント・トレーニングや介護等サービスなどの重要性も提言として盛り込まれました。児童発達支援や放課後等デイサービスは、保護者にとって身近な拠点施設として、子どもの発達を支えるだけでなく、家族支援や地域支援などの多様な機能を担うことが期待されます。


★実習生さんが来てくれたよ★

今年もアーチさくら、アーチきくいでは、名古屋市立西陵高等学校の介護福祉士を目指す高校生たちに実習の場を提供しました。 実習生はデイサービスの1日の流れや子どもたちの理解を目標に励んでいました。

プール、すいかわり(合同イベント)などを通してたくさんの子どもたちと交流を深めていました。 最初は緊張してなかなか話せなかった子どもたちも、すぐに仲良しにv(´∀`*v)  みんな、たくさん遊んでもらえてよかったね(*^_^*)

katorea


☆☆防災について、聞いてみよう☆☆ 

 

災害ボランティアコーディネーターなごや 椿佳代さん

katorea今回は、アレルギーについてお話を伺いたいと思います。災害時に備えてどの様な対策をすれば良いのでしょうか??

私たちの周りで近年アレルギーは身近で、増えつづけています。 アレルギーが引き起こす病気と症状は様々で、代表的なものには、アトピー性皮膚炎、じんましん、口腔アレルギー症候群、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、喘息・気管支喘息、食物アレルギー、アナフィラキシー・食物依存性運動誘発アナフィラキシー、薬物アレルギーなど聞きなれないものも多くありますが、いずれもそれぞれの症状で悩まされている方が多くいらっしゃいます。

災害時に問題となるのが、衛生面の低下に伴い症状がひどくなる、食べるものが限定されるので食物アレルギーの方は、平常時でも困難なうえに災害時にはさらにより一層厳しい状態になります。

アレルギーをお持ちの方の対策としては被災後、すぐには必要なものが届かないことを理解し普段から必要なものを多めに購入して備えておくことをお勧めします。

また、周りの方にもアレルギーについて正確に理解していただくことも重要です。

非常食のアルファ化米もアレルギー対応のものがありますが、被災後の混乱の中で担当者が一般食と一緒に配布してしまった、一般のものとアレルギー食との区別ができない、手元にあっても誰に配布していいかわからないなどの事例がありました。

また、情報を周りの方に伝えるために災害時だけでなく、緊急時にも対応できる「緊急時のお願い」の準備をしておくこともお勧めします。

アレルギー支援ネットワークさんのHPでは、アレルギーっ子の災害対策やアレルギー児の親の交流会なども行われていますので、お気軽にお問い合わせくださいとのことです。

詳しいことは、アレルギー支援ネットワークさんのHPでご確認ください。 http://www.alle-net.com


アーチさくらの活動

☆夏休みだよ!!☆

夏休みの午前中は机に向かう時間から始まります。宿題をしたり、ぬり絵をしたりと静かに過ごします。スタッフが騒ぐと「うるさい!!」と子どもたちに叱られてしまいました。(^_^)

遊びの時間にはゴルフが始まりました。ゴルフコースも観客席も全部自分たちで作ります。するとみんなが自然と集まってきました。保育園に通っている男の子がホールインワンをすると全員で拍手をしていました!(^o^)!

katorea


アーチきくいの活動

☆外食☆

よつ葉レストランに外食に出掛けました。自分の食べたいものを選び、落着いた雰囲気の中で食事を楽しむことができました。普段はスプーンで食べる子もこの日は箸に挑戦。エビシュウマイを挟んでパクリ、おいしく食べることができました。食後のジュースで一息ついてからお支払いまで自分のペースで行なうことができました(^o^)

☆ころうどん☆

暑い夏を乗り切るため冷 たくて美味しいころうどん作りを楽しみ ました。うどんをお湯に入れてから冷水で締めるまでの一連の流れを楽しむ子どもたち。最初は少し戸惑いを見せながらも次第に子どもたちのテンションが上がるのがよく分かりました。ネギや天カス、トッピングを和気あいあいと順番待ちしながらオリジナルころうどんを完成させていましたよ。

katorea


アーチしばたの活動

♪創作活動♪

8月はうちわ作りやオーシャンドラム『夏!!』をイメージした工作を行いました。シールを使ってうちわや箱にかざりつけをします。シール貼りといっても、シールを選ぶ(この中から好きなシール3つ選んでねなどと声かけをします)台紙からシールをはがす、貼るといくつかの工程があります。うちわは使い方も一緒に練習しました。オーシャンドラムは箱の中に小豆とビーズをいれて音を楽しみました♪オーシャンドラムは集中して音色を楽しんでいましたよ (^_^)

ぬりえは毎月活動にいれています。季節の花や野菜のぬりえをします。今月はピーマンとなすとトマトです。ピーマンを赤くぬって『パプリカ 』と言って教えてくれるお友達がいました♪赤や緑は馴染みがあり、みんなも知っているけどなすの紫はあまり使わない色なのか、「むらさきだよー」と伝えてもみんなの不思議そうな顔です★ひとつひとつ知っていることが増えていくとうれしいなぁ(*^^*)

katorea


アーチのおでかけ

歌をうたうのが大好きな10代の女の子。

今回のおでかけはナゴヤドームイオンへ行きました!!イオンに着くと、今日の予定をスタッフに教えてくれます。

好きなお店を把握しているのでスタッフを「こっち、こっち!!」と案内してくれます。 まずは、DVDショップへ行き「いないいないばあっ!!」の新作のDVDをチェック(*^_^*)パッケージに書かれている曲名をしっかり確認して楽しそうに歌を口ずさんでいます。隣においてあったディズニーの絵本は「白雪姫」がお気に入り。王子様を何度も指差しています☆

お昼ご飯は大好きなラーメンを食べにスガキヤへ行きました。

お昼ごはんのあとは、ふなっしーグッズを見に行きました。ふなっしーの動画を真剣に見ていましたが、大きな音で音楽が流れていた「アナと雪の女王」と「妖怪ウォッチ」も気になり、スタッフの手を引いて一緒に確認です(*^^*)

最後はお母さんに頼まれたおつかいです!今回のおつかいはシュークリームとエクレアを決められた数買ってくることです。どっちを何個買うかちょっと迷ったけど上手にお買い物できました(*^_^*) 今度も一緒におでかけしようね☆

katorea


★スイカ割り大会!!!★ 

アーチさくら・アーチきくい・アーチしばたのお友達と合同でスイカ割り大会を行いました。最初はみんなでゲーム。新聞をビリビリに破ってシマシマの袋に新聞紙を集めて…スイカのボールの完成 (*^_^*)名前を呼ばれたお友達からスイカのボールを使ってスイカ割りの練習です。思いっきり「エイッ!!」と振りかぶってスイカボールが破れちゃうくらいの迫力です♪♪練習もバッチリやって次は本番。

スイカを目の前にみんなウキウキワクワク(*^_^*) 目隠しに少しドキドキしたけど練習の成果もあって??みんなとっても上手です。スイカ割りの後はみんなで仲良くスイカを食べました♪♪みんなと一緒に食べたスイカは美味しかったね★

katorea


編集後記:まだまだ暑いですが、アーチの子どもたちは元気いっぱいです。毛布をかぶって(暑っ!!)オバケごっこをしたり、「お外で遊ぼうよ〜!!」とスタッフの靴を玄関に準備してくれたり( ??? )そんな子どもたちにいつも元気を分けてもらっています(*^_^*)

編集担当:安井

アーチ通信トップへ

 

上へ戻る
名古屋市西区菊井1-10-10