支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
アーチきくい
アーチしばた児童心身発達センター 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.79 2017年3月15日発行

    
こうげんれいしょくすくなしじん

 今年2月7日に、厚生労働省「我が事、丸ごと」地域共生社会実現本部から 「地域共生社会」の実現に向けて改革工程表が発表されました。 地域共生社会とは、制度や分野ごとの「縦割り」や「支え手」と 「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が 「我が事」として参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えて 「丸ごと」つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会と位置づけられています。

 地域共生社会実現の4つの柱として、
@
地域課題解決力の強化
 (住民相互の支え合い機能を強化、公的支援と協働して
  地域課題の解決を試みる体制を整備するなど)、
A
地域丸ごとのつながりの強化
 (多様な担い手の育成・参画、民間資金活用の推進、
  多様な就労・社会参加の場の整備など)、
B
地域を基盤とする包括的な支援の強化
 (高齢者だけでなく生活上の困難を抱える方への包括的な
  支援体制の構築など)、
C
専門人材の機能強化・最大活用
 (対人支援を行う専門資格に共通の基礎課題課程増設の検討など)
  をあげています。

 今年中にも介護保険法・障害者支援法、児童福祉法、社会福祉法を改定し、以降の制度改正と報酬改正において全国的な体制整備をすすめる措置を講じて、20年代初頭に全面展開すべく改革を実施すると謳っています。
 共生社会の実現はとても素晴らしいですが、その第一歩が高齢者障害者共通の 「共生型サービス」の創設というのは、本丸は障害者福祉の介護保険共通化では?と疑念もわきます。

   

 愛知障害フォーラム(ADF)*の
   辻直哉事務局長にご寄稿いただきました


 「我が事・丸ごと」地域共生社会実現という政府の動きを、皆さんご存じだろうか。高齢、障害、子育て、生活困窮者といった、縦割りの施策を見直し、地域の実情にあった総合的な福祉サービスが提供できるように制度改革を行うという。ここまで、聞くとたいへん良いことと感じるが、本当に信じてよいだろうか。
 みなさん、障害者自立支援法の施行時を思い出してほしい。名の通り、「障害者の自立を支援する目的」のはずが、利用者負担の急増、福祉サービスの抑制をメインとする内容であった。当然、障害者団体及び関係者は猛反対した。しかし、私たちの意見に耳を傾けることなく強引に推し進めた結果、障害者の家族が無理心中に追い込まれるという痛ましい事件が発生したことを思い出してほしい。
 現在、障害者支援法を改正し、65歳以上の高齢障害者の介護保険利用負担軽減や障害高齢の事業者の相互利用ができるようにする。このように、今後順次、介護保険法等、さまざまな法律を水面下で変えようという動きがある。
 政府は、もういちど障害者権利条約の理念である「私たち抜きに、私たちのことを決めないで」の原則を改革の根底に据えてほしい。

「福祉、丸ごと、放り投げ」にさせてはならない。

2017年3月7日

*愛知障害フォーラム=身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病などの障害種別や立場、考え方の違いを超えて、障害当事者や家族の団体、そして支援者などの関係団体が一緒に、愛知県や 県下の市町村での障害者施策の推進と、人権保障を推進することを目的に2008年8月30日に設立された障害者団体


★防災(家具固定)について聞いてみよう!!★

災害ボランティアコーディネーター名古屋 椿 佳代 さん

   

 「家具の固定をしましょう!」と言っても、住んでいる家の状態で家具の固定ができるのか、また、家具に傷がつくのでイヤなどの理由で家具の固定が進まないのが現状です。ですが、対策するのとしないのとの違いをしっかり認識してください。

★名古屋市の被害予測(HPより)★


100〜200年に1度起こるとされている最大震度6強クラスの地震では・・・

耐震対策前
 死者数:約1,400人、重傷者数:約600人、軽傷者数:約4,500人、
 地震動による全壊棟数:約4,900棟、直接的経済被害:約3.54兆円
耐震対策後
 死者数:約100人、重傷者数:約400人、軽傷者数:約2,400人、
 地震動による全壊棟数:約2,400棟、直接的経済被害:約3.19兆円


1000年に1度起こるとされている最大震度7クラスの地震では・・・

耐震対策前
 死者数:約6,700人、重傷者数:約3,000人、軽傷者数:約12,000人、
 地震動による全壊棟数:約34,000棟、直接的経済被害:直接的経済被害は
 推計していない。

耐震対策後
 死者数:約1,500人、重傷者数:約1,400人、 
 軽傷者数:約6,900人、地震動による全壊棟数:約9,900棟、
 直接的経済被害:
 直接的経済被害は 推計していない。建物・経済被害
 (冬・夕18時のケース)

 南海トラフ地震防災対策推進地域指定市町村一覧を見ると
平成26年3月28日現在で愛知県は全域が指定地域となっています。


 地震対策の基本は、

  @建物の耐震、
  A家具家電を固定する、
  Bガラスの飛散防止フィルムを貼る。

 この3つです。私はさらに「3+2」として、

  @初期消火を成功させる。
  Aこの地震に絶対に負けない、
   家族一緒に生活を続けるという強い意志を持つこと。


 とお話しする時にお願いしています。

 家具・家電を固定するわけ
 地震にあった時にすぐに避難するためには、家の耐震、家具家電の固定が必要です。けがが原因で動けない、倒れた家具や家電に避難経路を塞がれた事で避難できないなど、家はつぶれていなくても周りの住民が避難してしまえば、取り残されることになります。

 様々な家具や家電があるので、詳細には市町村から出ているハザードマップや地震対策のHPなどに掲載されていますので参考にしてください。

@上下に分かれている大型家具などは、
 上下を固定してから全体を固定する。
A食器や本など重いものほど下に入れる。
 (重心を下にする)
B寝ている枕元に大きな家具を置かない。
C台所の上の収納の中には重いものを入れない。
D観音開きの収納には開いてこないようにストッパーをつける。
E食器棚などのガラスには、飛散防止シートフィルムを貼る。
F避難経路上の額・鏡などにはフィルムを貼る、
 または置かないなどの対策を。

 くれぐれも、揺れているときも避難するときもけがをしないように対策をとってください。



アーチさくらの活動

★本物みたいなカレーライス★

 工作でじゃがいも、にんじん、お肉がゴロゴロ入ったカレーライスを作りました。カレーの具はペットボトルのふたで作ります。
折り紙の上に裏向きにして、ふたを乗せて、くぼみに折り紙の端を押し込むように

包んでいく作業です。
 はじめは「できない!」と怒っていた子も、コツをつかむと最後まで1人で完成させていました。紙のご飯にフェルトのルーを貼り付けてできあがり。スプーンを持って「いただきまーす!」



★フライパン工作★

 子どもたちが大好きなキャ ラクターを用いてプラパン作りを行いました。マジックペンを使って塗り絵をトースターで縮 んでいく作品のでき具合を不思議な面持ちで見つめていましたよ。



アーチしばたの活動

アーチきくいの活動

 ★大根もち★

 大根と片栗粉にチーズを使ったおやつ作りに挑戦です。
 大根を擦りおろす際や大根もちをひっくり返す際も、積極的にお手伝いしてくれる子もいれば、恐る恐る手伝ってくれる子もいました。最後まで丁寧に対応してくれました。



★おにのおめんと豆まき★

 創作の時間に紙袋でおにのおめんを作りました。髪の毛は毛糸でふさふさ?まゆげの角度で表情に個性がでていました!かぶりものが大好きなしばたのお友達はかぶってみんなでハイチーズV(^_^)V2月3日には豆まきもしました!鬼役のスタッフにむかってみんな豆を力一杯投げていました。怖くてスタッフにギューとくっついているお友達もいました。

 
★バランスボール★

 寒くてなかなかお外に出れない冬。お部屋の中でバランスボールを使って身体を動かし遊んでいます (^-^)
 



アーチのおでかけ
  20代の男性のお出かけです。まず、向かったのはお母さんから頼まれたブックカバーを買いに高島屋の東急ハンズへ。何階に売っているかを自分で案内板を確認し、持ってきた表紙と大きさを見比べて買いました。お昼ごはんは彼と相談して大好きなスガキヤの系列の「中華厨房 寿がきや」で食べることにしました。メニュー表を見て台湾ラーメンにも惹かれた様ですが、ラーメンに炒飯と餃子が付いた「寿がきや定食」を選びました。

 お腹がいっぱいになったあとはイオンモール熱田へ。前からとても楽しみにしていたゲームセンターで駄菓子のクレーンゲームをしました。狙いを定めて…袋の半分ゲットすることができました。
 次に向かったのはシートレインランドです。車のイベントを見たり、観覧車に乗ったり、わんこハウスにも行きました。始めのうちは大きい犬を立ったまま見ていましたが、寝そべっている犬に近寄るとしゃがみ込み、背中を優しく撫でてくれました。最後はおやつタイムです。ジュースとゲームで取った駄菓子を食べてお家へと向かいました。

 今年もさくらとしばたの合同作品として干支の貼り絵を作り、ここバリ作品展で展示しました。合同作品づくりでは、さくらのお兄さん、お姉さんがしばたのお友達に作り方を教えてくれたり、  おひざに座らせて一緒に作業してくれたり、素敵な交流の時間になりました。
合同作品以外にも各事業所で創作の時間に作った作品を飾りました。

〜編集後記〜  
 今年度ももうすぐ終わりですね!!今年もアーチには卒園・卒業して新しい生活が始まる子がたくさんいます(*^^*)おめでとうございます!!
 最近では、暖かい時間帯も増えてきて、私の家の近くでは咲いているお花が少しずつ増えて少し春を感じます♪が、まだ寒い…笑

編集担当:安井

アーチ通信トップへ


上へ戻る

名古屋市西区菊井1丁目10-10