支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
アーチきくい
アーチしばた児童心身発達センター 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.80 2017年5月15日発行 

障害者差別解消法施行から1年 みんなが暮らしやすい社会に 近づけたかな

 障害のある人に対する差別の禁止などを盛り込んだ、「障害を理由とする不当な差別の解消の推進に関する法律 (障害者 差別解消法)」の施行から1年がたちました。

 障害者差別解消法とは、すべて国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら 共生する社会実現に向け、障害を理由とする差別解消を推進することを目的として制定、施行されました。

 障害を理由とする「不当な差別的取扱い」を禁止し、社会の中にある障壁を取り除くための「合理的な配慮の提供」を求めています。 「合理的な配慮」とは、障害がある人が困っているときにその人の障害に合った必要な工夫ややり方を相手に伝えて、それを相手にしてもらうことです。

 この1年間に障害者や、その家族から「差別を受けた」といった相談件数は2800件以上にも上ります。具体的な例として、 「飲食店で盲導犬との入店を拒否された」、「タクシーを呼んだら障害を理由に送迎を拒否された」、 「自作の車椅子型シャワーチェアの持ち込みを拒まれ、温泉に入れなかった」などが上がっています。盲導犬(訓練を受けていて店内でじっと待っていることができる等)の理解が進んでいないことも原因の1つにあると考えられています。

 差別を受けたとの例が挙がる一方で、店先に電話番号が書いてあるステッカーがあって「段差があり、入れない」と連絡を入れるとスロープをすぐに持ってきてくれるという工夫例もありました。

国会での取り組みに一役買います

 点字・点図小まわりプリンターアーチBP-S
bp-s
 衆議院事務局では、視覚障害のある人にもわかりやすい資料を作るために、点字だけでなく触知図(点図)も 使って資料作りをしています。加えて何度も触っても耐久性のあるラミネート加工した点字資料も作成しています。 この機能が評価されてカトレア・サービスが製品化した点字・点図小まわりプリンター「アーチBP-S」が活躍しています。

 このような使われ方がもっともっと広まると良いですね。

モンゴルの絵本に点字を 合理的配慮 初輸出

 絵本の上から点字や触知図の透明シールを貼ることで、目の見えない見えにくい子どもや親も一緒に 読み聞かせができるようになります。そんな「合理的配慮」のために役立っているのが、カトレア・サービスが 製品化した薄くて強い点字が打てる「エコタック」
 モンゴルの視覚障害の子どもたちに絵本や童話に点字シールを貼って配布したいのでエコタックを使いたいと依頼があり、 初めて8,000枚を輸出しました。モンゴルの多くの子どもたちが絵本に触れる機会作りに役立つことは誇らしいです。


★防災(家具固定)について聞いてみよう!!★

災害ボランティアコーディネーター名古屋 椿 佳代 さん


「大雨が降ったときにどうする??」

     'みず'から身を守るために考えましょう

 1. 日頃からの準備が大切です。自宅や職場、
   学校の周りの水害の特質を知ること。愛知県
   においては、外水はんらん、内水はんらん、
   土砂災害、津波・高潮が想定されます。

 2. いざというとき、そのまま待機するか避難するか判断ができますか?

 日ごろの準備で、自宅や職場、学校のまわりがどうなっているか、どうなった時に判断をしなければいけないかを具体的に家族や周りの人と話し合っておくことが重要です。

 自宅や職場、学校周辺の標高を確認しましょう。周りと比べて標高が低い場所は水が溜まりやすくなるので、知っておくと避難時の参考になります。⇒
  標高が分かるWeb地図
 http://www.gsi.go.jp/johofukyu/hyoko_system.html

避難所の確認をしましょう  自宅や職場、学校から避難所までの
 経路にバリア(障害)となるものがないか
 を確認してください。

早目の情報収集・判断・行動を取りましょう!

・ 自宅や職場、学校周辺にどのようなハザードがあるのかによって必要な情報も変わってきます。入手方法も話し合っておく必要があります。

・ 情報によってそのまま待機するのか、避難したほうがいいのかを早めに判断して行動しましょう。
避難をするときには
・ 早めの判断で、早めに避難しましょう。
  暗くなってからの避難は非常に危険です。

・ 1人では避難しないでください。
  隣近所や周りの人と一緒に避難しましょう。

・ 運動靴をはいて避難します。
  長靴は中に水が入ると歩きにくくなります。

・ 足元を確かめながら避難しましょう。
  1列になって杖 を突いて歩く。
  これは、マンホールや排水溝などの蓋が外れていないかを
  確認するためです。
  歩ける深さの目安は、成人男性 で70p、女性で50pです。(水の流れがないとき)

・ 車は使わないでください。
 
 荷物は背負い、両手は空けておきましょう。
  子どもは背負ったほうが安全です。

・ 近くの高い建物に避難をしてください。
  遠くの避難所に行くよりも近くに避難したほうが安全な場合もあるので、
  このような判断も必要です。




さくらの活動


★社会見学★
 春休みの活動で地下鉄に乗って「朝日新聞
名古屋本社」の見学に行きました。デイサー
ビスの友だちと
お出かけするの
がうれしくて地
下鉄の中でもみ
んなニコニコで
す(^o^)。
 地下鉄では乗
換案内の表を見ながら高校生のお姉さんが降りる駅を教えてくれました。
 朝日新聞ではカメラマン
の人に大きなカメラを持た
せてもらい、記念写真が大
きくのった号外新聞もいた
だきました。
 またみんなでお出かけし
ようね。
朝日新聞の記事 アーチさくら児童デイサービスのみなさんようこそ

★野菜スタンプ★
 野菜をスタッフと
一緒に包丁で切って、
絵の具をインクがわ
りにしてスタンプ遊
びをしました。
 野菜の断面図や
普段なかなか見な
い模様に子どもた
ちも大興奮してい
ました。
きくいの活動



★お昼寝?★

 目一杯元気に体を動かして遊んだ後のちょ
っとしたリラックスタイムの一幕です。
 横になっても
クスクスとお互
い顔を見合わせ
て楽しそうに過
ごしていました。
しばたの活動



★スクーターボード★
 お部屋の壁や床に魚を
はって、スクーターボー
ドに乗ってさかなつりゲ
ームをしました。半年前
はスクーターボードに乗
るのを怖がっていた子もスイスイ乗りこなし
ていて、身体の使い方が上手になったなぁー
と子供達の成長を感じま
した。みんな順番を守っ
て遊ぶこともできるよう
になってきたね(*^^*)



★かぶと★


 大きな紙でスタッフと一緒にかぶとをお
って、色をぬったり、シールをはって一人
ひとり違うかぶとができました

アーチきくい・アーチさくら進級・進学を祝う会
 3 月 29 日にアーチきくい、アーチさくら
合同で進級・進学を祝う会を行いました。
 はじめに、自己紹介です。名前を呼ばれた
お友達から木の幹にお花を貼ります。全員名
前が呼ばれると満開の桜の木の出来上がりで
す(*^^*)
 次はおやつ作り
です。今回は豆乳
と米粉を使ったコ
コアケーキを3グ
ループに分かれて
作りました。「僕が
やるよ〜!!」と率先してお手伝いをしてく
れます出来上がったケーキはみんなペロ
リと完食です (●´ω`●)
 おやつを食べた後は自由時間です。自由時
間もさくらのお友達ときくいのお友達と一緒
になって楽しそう
に遊んでいました
よ♪♪
 最後にみんなで
集合写真を取りま
した。ハイポーズ
(^o^)v
アーチしばた進級・進学を祝う会
 1 年生になったお友達3人と 2、3 年生に
進級するお友達7人でお祝い会をしました。
みんなの好きな生クリームやポッキーで、飾
り付けをした手作りケーキを食べて、「大きく
なるっていうことは」の絵本をきいて、集合
写真をとってみんなニコニコの時間をすごし
ました。絵本でみんなの印象に残ったのは大
きくなるっていうことは歯が抜けることとい
うページで、「僕は何本抜けたー」「僕はまだ
ー」といろ
いろな声が
聞こえまし
た。大きくな
るのは嬉し
いけど少し
寂しいなぁ
とも思います。

〜編集後記〜  
 今回さくらときくい合同で行った進級・進学を祝う会。きくいのお友達はさくらのお友達と会うことを楽しみにしていました(●´ω`●)
 いざ、さくらの室内に入ってみると知らない子・知らない人がたくさんいて固まってしまう子も…でも、時間が経てばみんなで仲良く楽しそうに遊んでいました(*^^*)

編集担当:安井

アーチ通信トップへ

名古屋市西区菊井1丁目10-10