支援する人材・技術・機器・環境の創出と情報提供
トップページへ
お知らせ 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス
カトレアサービスとは
 
アーチきくい
アーチしばた児童心身発達センター 福祉機器開発・製造・販売 児童デイサービス・知的障害者介護サービス カトレアサービスとは
児童デイサービス・知的障害者介護サービス


アーチ通信

Vol.85 2018年3月15日発行  


子どもの発達をよりよく支えよう!後々のために、的確に判定しまけりゃ
 平成30年度報酬改定では、放課後等デイサービスの適切な評価のため「基本報酬について利用者の状態像を勘案した指標を設定し、報酬区分を設定する」となりました。
 放課後等デイサービスの
  基本報酬の区分における指標(PDF)

報酬区分というので一見子どもには直接影響ないようですが、実はそうともいえません。

 自立支援法での障害の重さの「障害程度区分」ではいけないと、総合支援法では支援の必要度合の「障害支援区分」になりました。その際に、@発達途上にあり時間の経過と共に障害の状態が変化すること、A乳児期については通常必要となる育児上のケアとの区別が必要なこと 等検討課題が多く、B現段階では直ちに使用可能な指標が存在しないこと として障害児には支援区分を適用しないとなったのです。今回の判定の導入はこの考え方と比べて真っ逆さまの対応です。これをきっかけに子どもの障害福祉サービス利用に制限が設けられるようになるかもしれません。

 平成30年2月13日付厚労省事務連絡では平成31年3月31日までにすべての利用者に新指標による判定を「受給者証の更新時に行う」とされています。未定ながら、受給者証の更新を行うときに「勘案事項の聴き取り」として保護者や相談支援事業所からの情報によって新指標に基づく判定がなされます。
 
わかりにくい新指標「放課後等デイサービスの基本報酬の区分における指標の判定例」
平成30年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
https://goo.gl/oFywf6
 108-109P参照

例1:【大声・奇声を出す】【不安定な行動】【不適切な行動】【突発的な行動】【そううつ状態】【反復的行動】【対人面の不安緊張、集団生活への不適応】 など12項目で
月に1回以上の支援が必要=0点、週に1回以上の支援が必要=1点、ほぼ毎日(週5日以上)支援が必要=2点
例2:【コミュニケーション】
日常生活に支障がない=0点、特定のものであればコミュニケーションできる、会話以外の方法でコミュニケーションできる=1点、独自の方法でコミュニケーションできる、コミュニケーションできない=2点
 このような16の項目で点数の合計が13点以上か否かで状態像を判定します。

 今後この指標で算出された判定が独り歩きし、障害支援区分として他の福祉サービスの支給決定に適用される可能性もあるため現状の子どもの状態をよく把握して、的確な判定になるようにする必要があるようです。

現在の支給決定期間とこれからの説明図

★防災について聞いてみよう!!★

災害ボランティアコーディネーターなごや 椿 佳代 さん


★防災ずきんを作ろう★

 今回は、身近な物(災害時に使える物)で作れる防災ずきんの作り方について椿佳代さんに教えていただきました。
 災害時には命を落とさない、怪我をしないが鉄則です。グラっときたらまずは自分の身を守るためのシェイクアウトの合い言葉!!
 
 「Drop(姿勢を低く)、Cover(体・頭を守って)、Hold on(揺れが収まるまでじっとして!)」
 移動する際に頭を守るためにはヘルメットが一番安全ですが、この防災ずきんはご自宅にあるフェイスタオルや下着、靴下、紙おむつなど必需品をバスタオルの中に入れて作るものです。被災時など必要な時に分解して使うことができます(*^_^*)
★防災頭巾を作るのに必要なもの…バスタオル、タオル2枚、綿テープ、ゴミ袋(45L)
★中に入れるもの…紙オムツ(クッションとして)、下着(長袖シャツ)、パンツ、靴下、
軍手、お金(千円札、小銭、10円玉5,6枚)、テレホンカード、通帳番号控え、絆創膏、
マスク、常備薬、生理用品、使い捨てカイロなど
※子どもはフェイスタオルで作るなど本人の体格に合わせて重くなりすぎないように
 しましょう。

防災ずきんの作り方

アーチさくらの活動
 ★名古屋港水族館★水槽の前で二人で写真
 今回は、公共交通機関のバスを使って水族館にお出かけです。
 出発前に作戦会議をして、イルカのショーやマイワシのトルネードを見ることを目標にしました。また、「バスの中では静かにします」という決まりも、みんなで決めて守りました。


   男の子は寒かったけれど外でイルカのショーを見て、女の子たちは地下の暖かい部屋の中で水中のイルカのショーを見ました。みんなで楽しい探検ができたね\(^o^)/。
 イルカのショー見たね

アーチきくいの活動
★堀田メソード
堀田メソード みんなが積極的な堀田メソード、みんなで輪になって動いたり布を回して布の動きを楽しんで見たりと大忙し。楽しい雰囲気の中で先生のリズムに合わせられる様になりました。小さなことであっても、できたという喜びは満足感に結びつくんでしょうね(*^_^*)布を回しながら嬉しそうに駆け回っていました。
アーチしばたの活動
  ★マクドナルドへ行こう★
 今回の外食はマクドナルドへ向かいま した。事前にメニューを見て注文したいものを選び店内へ。注文をして商品を受け取る時の満足そうなみんなの笑顔が印象的でした。「美味しいね」「あれもにんじんケーキ作ってます良かったな」 と、次の活動の楽 しみにもつながっていくようです。




★節分★
 今年の節分は、鬼から宝箱を守る!!というゲームを行いました。
 お菓子がたくさん入った宝箱、鬼にとられないようにお友だちと協力して、箱を守っていました。「こっち、守ってー」とか「僕が持ってるよ!」と声をかけあいながらゲームを楽みんなでゲームしんでいました♪守りきれたみんなに鬼からお菓子のプレゼントをもらいました。
 鬼のお面作りの日にはおめんを見るだけで泣いていたお友だちもいたけど、宝箱は守れてみんな、男らしくなったね★
  
★アイロンビーズ★
 アイロンビーズの活動を取り入れて3か月がたちました。毎月みんなの集中力にびっくりしています。本をみて何を作るか決めて、ひとつずつビーズを並べています。指で並べたり、ピンセットを使ったり自分のやりやすい方法を自分で見つけて、それぞれ作品を仕上げています。1月に南区役所で行われたここバリ作品展にもみんなの作品を展示しました。

★一生懸命、
 お仕事頑張ります!!!!★

ホットプレートで調理中 4月から社会人として巣立つ青年です。
 アーチのスタッフとは小学生の頃からいっしょに「回転寿司」や「ハンバーガー」を食べに行ったり、「イナズマイレブン」や「ポケモン」の映画を観に行ったりハンバーガー食べてるイラスト、どんどん意欲的にお出かけをしました。
 デイサービスでは、みんなが遊んでいる時間に、工作の部品に両面テープを貼るなどの下準備のお手伝いを沢山してくれました(*^_^*)
          
 
 素直で、頼まれたことをしっかりとやってくれるお兄さんでしたね。

卒業証書イラスト 卒業おめでとう!!「一生懸命、お仕事がんばる!」と言った君は、アーチのみんなの目標のひとりです。
どや顔
映画フィルムカメライラスト
「弱さにある希望」を表現する"  ロゴスフィルム第4弾作品 中部地区初公開
映画 は た ら く 喜 び 、泣 き 、働 く 。
日時:2018年4月6日(金)@18:30〜 3回とも齋藤一男監督のトークがあります
        4月7日(土)A11:00〜、B14:00〜(開場はそれぞれ30分前)
会場:名古屋YWCA多目的ホール(名古屋市中区新栄町2-3)地下鉄「栄」東5番出口より東へ2分
出演者:長田翔平、神山一郎、高木拓哉、齋藤奈央子
当日券:1200円、前売り券:1000円(アーチにて取り扱っております)
詳細/お問い合わせ:ロゴスフィルム http://logosfilm.jp TEL/FAX 042-458-0712
 自閉症の青年しょうへいが映画俳優という仕事を行うことを通して、
 仕事とは何か?働くとは何か?
 考えさせられるドキュメントとフィクションの狭間を行く
 今まで見たことのない独特な映像体験!
 しょうへいは映画俳優としての仕事を全うすることができるのだろうか?
障害の有無に関わらず、孤独と生き辛さを抱える今の社会に一石を投じる作品です。第1回試写会から4回観ていますが、そのたびに新たな発見があります。ぜひ観てください!(赤崎)

〜編集後記〜  
 厳しく寒い冬から、新芽が吹き色とりどりの花が咲く暖かい春を迎えます。進級・進学の季節です。今年アーチの児童デイサービスを卒業していく子が4人います。10年以上一緒に遊んだり、笑ったり、時には子どもから注意を受けたり(笑)たくさんの思い出があってとても感慨深いです。゚(゚´Д`゚)゚。
 また、アーチに元気な顔を見せにきてねー音符

編集担当:安井

アーチ通信トップへ


上へ戻る

名古屋市西区菊井1丁目10-10